キッズ算数検定

子供たちが算数を好きになるか否かは計算力次第といっても過言ではありません。低学年で算数が嫌いだったのに、高学年になってから算数が好きになるという子はごく一部でしょう。という事は小学校低学年のうちに算数を好きにさせてあげることが出来る事が大切であるという事になります。

また、今の子供たちは面倒くさいことが大嫌い、算数が嫌なことにならないためには、一定スピード以上で計算が出来ることが大切です。そして、学校のテストで一定以上の成績を取らせてあげることが大切です。

私共、ちいさな成功体験推進協会は子供たちが楽しみながら、算数を勉強できるように、算数の学習過程を超スモールステップに分解し、検定制度を作り提供していくことで、子供たちがゲームの様に楽しみながら算数を勉強していけるようにしました。

子供たちの得て不得手はひとり一人様々なので、子供たちの伸びる芽を不得手な事に制限されることが少なくなるよう、長所を伸ばし続けられるように、同じ算数でも「けいさん検定」と「ぶんしょうだい検定」の二つに分けました。